・・・ 2011年5月31日〜6月2日十和田・盛岡、2011年7月10日〜13日札幌、2011年8月2日〜6日ジュネーブ(スイス)、2011年9月5日〜6日軽井沢、2011年11月10日〜12日札幌、2012年1月14日〜15日盛岡・新花巻、2013年4月20日下田、2013年7月アメリカ(ボストン、ボルティモア、フィラデルフィア、ニューヨーク)、カナダ(バンクーバー、ビクトリア)、2015年3月台湾、2015年7-8月チューリッヒ(スイス)/ロンドン(英国)、2015年10月花巻・盛岡、そのほか鎌倉・東京・京都・下田・沼津・松山など ・・・

2013/10/16

講演会「友愛会・総同盟と新渡戸稲造」

2013年10月15日(火)14:00〜16:00
友愛労働歴史館(東京 芝公園)にて
講演会「友愛会・総同盟と新渡戸稲造」がおこなわれました。

講師は、芳賀清明氏(労働運動史研究者)

この地は、かつて、旧ユニテリアン教会・惟一館があった場所です。

1912(大正元)年8月、惟一館においてユニテリアンの鈴木文治(すずきぶんじ)ら
により友愛会(のちの総同盟・同盟、現在の連合)が創立され、ここは、
日本労働運動発祥の地となりました。

1914(大正3)年、新渡戸博士は、友愛会機関誌「友愛新報」に初寄稿するなど、
友愛会・総同盟のゆかりの人となっています。

1930(昭和3)年、新渡戸は、安倍磯雄、賀川豊彦、鈴木文治、吉野作造とともに
日本労働会館建設後援会を組織し、その建設を支えました。

友愛会の綱領を読むと、新渡戸博士が生涯を通じてめざした、
修養の大切さ、助け合いの精神を感じ取ることができます。

日本労働会館建設後援会のメンバー

友愛労働歴史館内の新渡戸博士コーナー



0 件のコメント:

コメントを投稿