・・・ 2011年5月31日〜6月2日十和田・盛岡、2011年7月10日〜13日札幌、2011年8月2日〜6日ジュネーブ(スイス)、2011年9月5日〜6日軽井沢、2011年11月10日〜12日札幌、2012年1月14日〜15日盛岡・新花巻、2013年4月20日下田、2013年7月アメリカ(ボストン、ボルティモア、フィラデルフィア、ニューヨーク)、カナダ(バンクーバー、ビクトリア)、2015年3月台湾、2015年7-8月チューリッヒ(スイス)/ロンドン(英国)、2015年10月花巻・盛岡、そのほか鎌倉・東京・京都・下田・沼津・松山など ・・・

2015/02/19

『李登輝より日本へ 贈る言葉』

台湾訪問を前に、李登輝(り・とうき、Lee Teng-hui)氏のご著書、
『李登輝より日本へ 贈る言葉』(2014年 ウェッジ)を読みました。



李登輝氏には、『「武士道」解題 ノーブレス・オブリージュとは』など
多くのご著書があります。
ご自身の人生がそのまま祖国台湾の現代史に重なり、台湾総統として
長期にわたり祖国に尽くし、いまなお台湾、日本、アジアについて、
幅広いご見識とご経験から論じておられます。

『李登輝より日本へ 贈る言葉』の中では、
後藤新平伯、新渡戸稲造博士、八田輿一技師など、
台湾における日本人の功績についても触れています。

いままであまり知ることのなかった台湾の歴史と、いまなお続く
困難な状況、そして、日本に対する進言など、大変勉強になる内容
です。

日本の若者や子どもたちにぜひ新渡戸稲造博士の生涯を紹介したいと
伝記『新渡戸稲造ものがたり』を出版した自分の思いを
あらためて確認しました。
今後の台湾と日本の関係、そして、日本のあるべき姿について
次世代に向けて自分ができることを一つ一つ実現していきたいと
考えています。




0 件のコメント:

コメントを投稿