・・・ 2011年5月31日〜6月2日十和田・盛岡、2011年7月10日〜13日札幌、2011年8月2日〜6日ジュネーブ(スイス)、2011年9月5日〜6日軽井沢、2011年11月10日〜12日札幌、2012年1月14日〜15日盛岡・新花巻、2013年4月20日下田、2013年7月アメリカ(ボストン、ボルティモア、フィラデルフィア、ニューヨーク)、カナダ(バンクーバー、ビクトリア)、2015年3月台湾、2015年7-8月チューリッヒ(スイス)/ロンドン(英国)、2015年10月花巻・盛岡、そのほか鎌倉・東京・京都・下田・沼津・松山など ・・・

2016/06/13

新渡戸博士の農業思想

2016年6月 読書メモ


『現在に生きる日本の農業思想 安藤昌益から新渡戸稲造まで』
2016年1月30日 ミネルヴァ書房


第一章 グローバル化のなかの農業思想
    内村鑑三と新渡戸稲造     並松 信久

第二章 二宮尊徳思想の現代的意義
    幕末期の農村復興に学ぶ    並松 信久

(第三章 中国における尊徳研究の動向と可能性)
    
第四章 安藤昌益の人と思想
    直耕・互性・自然       三浦 忠司

0 件のコメント:

コメントを投稿